二重はステキ

女性

注意点と各治療法の特色

実力と経験が共に豊かな名医に二重整形を執刀してもらっても、自分が希望した二重ラインにならなければ、満足できる二重治療とは呼べません。これは仕上がりデザインの見解が医師と一致していない場合に起こり得ますから、二重整形を受ける時は、その点をカウンセリングでしっかり確認しておきましょう。言わなくても分かってくれるだろうという発想は大変リスキーなため、要望に関してはどんな些細な点も確認しておくのが肝心です。会話の流れ次第では、話の腰を折るようで尋ねづらい場合もあるかもしれませんが、そこは気にせず再確認をしてください。執刀医と希望する仕上がりデザインを確実に一致させておけば、それだけ満足できる二重治療につながります。そして、美容整形外科で二重施術を受けた後は、マツエクの開始時期にも留意が必要です。腫れがおさまるまでマツエクを行わないのは基本ですが、治療方法によっても開始時期は若干前後します。埋没法ですと早ければ3日後からでも可能になる場合があるものの、もしものことを考えて、1週間程度は控えておいた方が良いでしょう。切開法の場合は特に注意せねばならず、エクステの接着剤が傷口に入ると炎症や腫れを引き起こすかもしれないため、できることなら1か月程度は止めておいた方が賢明です。糸で止めるだけで済むため、埋没法の二重整形は、メスを使わず二重になれるのが魅力的な特徴です。まぶたを切らないので縫合や抜糸もありませんから、手術にためらいがある場合でも気軽に受けられます。気軽さという点では、万が一希望の二重にならなかった場合でも、容易にやり直せるのが埋没法ならではの強みです。もちろん、気に入らなければ糸を外せば元に戻るため、美容整形が初めての人でも安心して受けやすくなっています。埋没法は元々ダウンタイムが短いのですが、極細の糸を使ったり、糸の止め方を工夫して腫れを減らしたりするなど、美容外科ごとで様々な治療法が編み出されているのも特徴です。そして、切開法はメスでまぶたをカットするのでダウンタイムは延びますが、そのぶん埋没法では対応できない目でも的確に二重になれます。たとえ腫れ気味で厚みがあるまぶたでも、切開法なら中の脂肪を直接取って、目の印象をスマートにしながら二重にできるのです。また、造形される二重ラインも強固ですから、効果は永続的に続き、傷口が完全に治れば物理的な刺激にも影響を受けにくくなります。そのためマツエクなどのアイメイクで毎日まぶたに触れても、切開法の二重整形なら綺麗な二重ラインをキープできる訳です。

Copyright© 2019 二重整形で目元悩みと決別【満足のいく仕上がりを期待】 All Rights Reserved.