顔の印象が大き変わる

眼

体への負担も少ない

美容整形は現在では実に多くの種類がありますが、特に高い人気の施術が二重整形です。この治療が人気の理由としては、まず少ない負担で高い美容効果が得られることがあげられます。目元で顔の印象はかなり変化しますが、メイクで毎日二重を作るとなると手間も掛かりますし、デリケートな瞼の皮膚が荒れることもあります。さらに長期にアイテープなどのメイクを続けていると瞼が伸びてしまう可能性もあります。その点、美容整形は一度行っておくとほぼ永久的に二重を維持できますので、メイクも楽になりますし、素顔にも自信が持てるのもメリットです。二重整形にも多くの種類がありますが、特に人気となっているのが埋没法です。多くの治療では切開が行われますが、埋没法なら切開せずに二重のラインを作ることができます。顔に目立つ傷が残る心配もありませんし、ラインに納得できない場合も修正できるのもメリットと言えるでしょう。切開を伴う治療の場合は埋没法よりもダウンタイムはやや長く見ておく必要がありますが、その代わり二重のラインが取れる心配はありませんし、余計な脂肪を除去できるので、より理想の目元を得ることができます。美容整形は高額な費用が発生するイメージもありますが、二重整形は日帰りで行うことができるので、治療費の負担も抑えられています。二重整形をすれば理想のぱっちりとした目元を手に入れることができますが、理想の仕上がりにするためにも、まずは治療内容をよく確認しておきましょう。まずメスを使わない埋没法は医療用の細い糸を使い、上瞼を留めて二重を作る施術です。1点留めや2点留めなど様々な留め方がありますが、留める点数が多くなるほど費用も高くなりますが、その分理想の目元を作りやすいとされています。目を開くときに使う筋肉である挙筋に糸を留める挙筋法は糸が瞼の裏に出る心配がなく角膜を傷つける心配がありませんし、幅の広いはっきりとした目元を作るのに向いています。埋没法ではこの他にも瞼の裏側にある瞼板に糸を留める瞼板法があります。この治療では糸を取り除きやすいので再手術がしやすいというメリットがありますが、糸が瞼の裏側に出やすいという欠点もあります。埋没法は人気の二重治療ですが、実際に施術を受ける前にはどのような治療になるのかはよく確かめておきたいところです。メスを使う切開法は余計な脂肪やたるんだ皮膚を取り除き、縫い合わせて二重を作ります。二重整形の切開法にも端から端まで切開する全切開と、少ない部分を切開する部分切開があります。いずれの場合も一重に戻ることはなく永久的に二重を維持できる治療です。

Copyright© 2019 二重整形で目元悩みと決別【満足のいく仕上がりを期待】 All Rights Reserved.